男性ホルモンと薄毛の関係

男性の薄毛の原因とは

薄毛と男性ホルモンの深い関係

加齢に伴って徐々に薄毛が進行するAGAの場合、原因に男性ホルモンが関わっています。男性ホルモンの一種テストステロンが毛母細胞に存在する5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンに変わります。テストステロンには毛を強く太くする作用がありますが、ジヒドロテストステロンになってしまうと、反対に毛髪の育成を邪魔してしまいます。もちろん薄毛の原因は男性ホルモンだけではありません。食生活や生活習慣をはじめ、合わないシャンプーを使っていたり、血行不良により頭皮に栄養がきちんと行き渡っていないことも影響します。シャンプーで頭皮を洗う際に爪を立てて頭皮を刺激してしまうと、炎症や乾燥を引き起こし正常な毛髪の育成を妨げてしまう可能性もあります。男性ホルモンの影響による薄毛で、特ある程度進行してしまっている場合、生活の見直しだけでは症状がなかなか改善しません。薄毛治療薬の中には、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる原因となる、5αリダクターゼを阻害する薬剤が存在します。それらの薬剤を使用することで、徐々に毛髪の生え代わりを正常に戻し、AGAの進行を抑えることができます。

バックナンバー

↑PAGE TOP